赤ら顔のレーザー治療は、現在最も有効的な治療法の一つだといえますね。医師の詳しい診断の後、症状に応じて利用するレーザーを変えたり、組み合わせたり、設定を変えたりしますので、強すぎて肌へのダメージが大きすぎるという心配も要らないのです。最近、注目のジェントルヤグレーザーは、血液中のヘモグロビン(ヘム間相互作用によって、酸素の運搬効率を高めているのだとか)色素に反応して余った血管を収縮させることで、赤みを目立たなくさせる施術です。治療中は痛みもなく、温かいシャワーを顔に浴びている程度の感じだそうです。しかも、治療後はお化粧をして帰宅することもできます。治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)回数は全部で4〜6回程度です。治療後はアフターケアをしっかりすることで、癒し効果を高めることも可能になります。ダイオードレーザーによる血行代謝改善の治療や、Vスターレーザーによる治療でも、皮膚(キレイだと男性に好?象を与えられるでしょう。キレイであるのにこしたことはありません)の血管にだけ反応するため、他の正常な皮膚に損傷を与えることがなく、跡が残ることもありません。但し、強いレーザーを使った施術ならね、かさぶたが形成される事があるため、一週間程度お化粧が出来ないこともあります。施術後は抗生物質の服用や抗炎症剤の外用薬(喘息で使われる吸入薬も外用薬になります。外用薬は使用方法をきちんと守ることはもちろん、保管場所にも注意が必要です)などを用いていきますが、特に日焼けには注意して、しっかりとUVケア(諸外国では赤ちゃんや幼児にも紫外線対策を行っているそうです)を行うことが大切です。レーザー治療というと、色々不安もあると思いますが、一度専門医に相談してみてはいかがでしょうか?また、口コミ(失敗を減らすためには役に立ちますが、出会いを減らしてしまうことにもなりかねないでしょう)や施術を受けた方の体験談を調べるなどして、情報を集めてみるのもいいですねー